業務案内 地上デジタル放送

地上デジタル放送とは、2003年12月1日から地上波のUHF帯を使用して開始されたデジタル放送です。
受信には、デジタルチュ−ナー(内蔵テレビ)とデジタル放送に対応したアンテナ等が必要です。
なお、現在の地上アナログ放送は、2011年7月をもって放送を終了します。

地上デジタル放送のメリット
高画質・高音質 番組選びが簡単 移動体向けサービス
ゴーストのないハイビジョンの高画質、CD並の高音質が楽しめます。 テレビ画面のEPG(電子番組表)から、見たい番組が簡単に検索できます。 携帯電話や車載テレビ向けのワンセグ放送は、移動中でも今までにない安定した画像を楽しめます。
双方向サービス データ放送 高齢者・障害者に優しい
クイズ番組への参加や、テレビショッピング、銀行振込などテレビを通じて便利な双方向サービスを利用できるようになります。 地域ごとの天気予報・地震情報・ニュースなどが見たいときにチェックできます。 充実した福祉サービス(音声をゆっくりと流した放送、字幕放送など)が予定されています。

地上デジタル放送を見るには
UHFアンテナと地上デジタル用のテレビまたはチューナーが必要です。
地上デジタル放送は、UHFの電波を使って放送されます。したがって、UHFアンテナを地上デジタル放送の送信塔に向けて立てる必要があります。

UHFアンテナ 地デジ対応テレビ 地デジチューナー ブースター BS・110°アンテナ



マスプロ電工 パナソニック プラズマテレビ/液晶テレビ






マスプロ電工 パナソニック プラズマテレビ/液晶テレビ